ガソリン・灯油のサヤ取りを解説。商品先物の主力銘柄であるガソリンや灯油のサヤ転換、相関係数の求め方、内部要因分析から鞘取りの方法を考えます

日柄観測法で天底を計測

ガソリン・灯油のサヤの動きは比較的規則正しい動きをしています。
ここでは、サヤの最大から最小まで何日かかるのか、サヤ転換するのに何日の日柄を必要とするのか、規則性はあるのかなどを検証してみましょう。
まずサヤの最大〜最小〜最大〜の日柄が一定しているか、です。


一定していないですね。
おおむね100日はかかりそうです。この日柄は営業日で計算しているので、土日や祝日は含まれていません。最大から縮小まで、縮小から最大までの日柄がどれくらいになるか規則性はないみたいですが、サヤが最大になりやすい月、食傷になりやすい月というのが分かりました。



12月と6月です。この月には注意したほうがよさそうですね。
次にサヤ転換〜サヤ転換の中央、半分の日柄がたったときに、サヤは最大、あるいは最小になっているか考えてみましょう。